悪性の可能性があるほくろは医師に相談しよう

Pocket

ほくろは、メラニン色素が表面化して出来たものですが、中には、ただのほくろではなく悪性の可能性があるものもあります。

一般人が、ほくろを悪性かどうかを見分けることは難しく、検査をしてみて初めて悪性だったと分かることが良くあります。ほくろには皮膚ガンの可能性があることを認識しておきましょう。

また、皮膚ガンにも種類があり、表皮ガンと悪性黒色腫(メラノーマ)の2種類があります。悪性黒色腫は、転移しやすく、放置するとリンパ節に移り、さらにそこから体内の臓器へと移っていく可能性があります。

ほくろが急に大きくなった、6㎜以上の大きさがある、痒みがある、液体が出てくる、ほくろの中で色の濃淡がある、輪郭がぼやけている、形が歪んでいる、といった場合は、出来るだけ早く医師の診察を受けた方が良いでしょう。

一見、普通のほくろに見えていても、悪性黒色腫の初期だった、ということがあります。個人でただのほくろだと診断せず、医師の診断のもと正しい治療を受けましょう。

ピックアップ

ほくろ除去はみやた形成外科・皮ふクリニックまで
ほくろ除去はみやた形成外科・皮ふクリニックまで
気になるほくろがある方は、こちらのみやた形成外科・皮膚クリニックのホームページに一度目を通してみてはどうでしょう。
ほくろの治療方法やその仕組みを、図解と写真付きで分かりやすく解説してくれています。
治療後のケア方法も紹介されており、参考になるでしょう。
This entry was posted in ほくろ除去する前に. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります