レーザーでのほくろ除去は痛みが少ない

Pocket

ほくろの除去方法で調べると、必ずレーザー治療が出てくるでしょう。
レーザー治療は、ほくろの除去方法として広く知られていますが、レーザーにも種類があります。

炭酸ガスレーザー(レーザーメス)は、5mm以下のほくろや盛り上がったほくろの除去に効果的で、水分と反応し熱を生じさせほくろを瞬間的に蒸発させることが可能です。

Qスイッチルビレーザーは、瞬間的に高いレーザー光を照射することができ、メラニン色素への吸着率が高く、色のついた部分への治療が効率的に行うことが可能です。表面が平なほくろやシミ、アザに高い効果を発揮します。
メラニン色素に反応しますので、正常な周囲の肌への負担もありません。

レーザー治療のメリットは、治療時間が短時間で済むという点にあります。
実際に施術を受けた人の中には、あまりの短さに驚く人もいるようです。

レーザー治療をする際の痛みを心配する人も多いようですが、部分麻酔をすることがほとんどです。

ただ、ほくろの位置によっては、麻酔が出来ない場合もありますので、しっかりと説明を受けましょう。

This entry was posted in 炭酸ガスレーザーでのほくろ除去. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります